国がやっている不妊治療助成金とは?

おはようございます、妊活ブロガーの恵美です。前回の記事では、不妊治療の悩みを打ち明けましたが、今日も不妊治療関係の情報を書いてみようと思います。国がやっている不妊治療助成金ということで、厚生労働省が不妊に悩む方への特定治療支援事業を行っています。条件を満たせば国から不妊治療のための助成金がおりるのです。助成金の対象となる治療は、体外受精及び顕微授精です。また、年齢制限もあって、治療期間の初日の時点で妻の年齢が43歳未満である夫婦となっています。不妊治療助成金の所得制限は夫婦合算の所得ベースで730万円です。旦那さんの年収が高かったり、夫婦共働きですと、730万円を超えてしまい所得制限にひっかかることもあるでしょう。そういうケースでは、助成金はおりないようです。

過去の助成実績の数が厚生労働省のサイトで見れるのですが、助成実績は年々増加しています。平成16年度が1万7千件だったのに対し、平成25年度には15万件近くの数字になっています。それだけ、不妊に悩む夫婦が多いのでしょう。不妊治療助成金は東京都や大阪府、千葉県など、都道府県や指定都市によって、医療機関が指定されています。助成金を受ける場合は、事前に確認しておくといいですね。私はまだ助成金の対象になる段階まで行ってないので、申請はできません。こういうことは、あらかじめ知っておいたほうがいいですよね。後で、知らなかったと言っても自己責任ですから。国や行政がやっている助成金や相談窓口は有効活用したいところです。不妊治療助成金を受けていても、不妊治療にかかった費用が医療費控除になるかどうかは、税理士に相談したほうがよさそうです。今日は少し難しい話になってしまいましたね。